富山県の不用品・粗大ごみ回収のやり方とは!?

- 富山県の粗大ごみ回収のルール

富山県の粗大ごみ回収のルール

富山県の粗大ごみ回収とその処分方法について

富山県では粗大ごみを処分する為には、粗大ごみの中でも分別が必要となる事がある。
また、今回は富山県でも富山市に注目して見て行く事にする。
富山市の場合は、自治体での粗大ごみ回収を行っている。
その中でも、燃やせる粗大ごみ、燃やせない粗大ごみ、は、それぞれ週に2回、月に2回と自治体が収集しているので、収集日に分別して集積所へ出す必要があるのだ。
収集日に合わせて集積所へ出せない場合は、富山市の処理施設に直接持ち込む事も出来る。

また、大掃除や引越し等で、大量のごみが発生した場合には、一度に出す事も出来るのだが、少量ずつ出す事も出来る。
どうしても一度に大量のごみを処分したい場合には、個別有料収集に依頼して一度に綺麗さっぱりと処分する事も可能だ。
粗大ごみのサイズは長さが1mを超えるものは収集してもらえないので注意が必要となる。
同様に粗大ごみの種類によっては、回収してもらえない種類のごみもあるのでこちらも注意が必要となる。

粗大ごみ回収の為の受付センターと処理施設

粗大ごみ受付センターとして個別有料収集がある。
個別有料収集施設には、事前の予約が必要となり、料金もその時に確認する必要がある。
収集当日は立ち会いが必要で、他県に比べると少々厳しい面が伺える。
その他の処理施設では、基本的に粗大ごみを持ち込む事が前提となっており、富山地区広域圏クリーンセンターがある。
受付時間は平日の午前8時30分から夕方の16時までとなっており、予約する際に料金と、持ち込みが可能なごみかどうかを確認する必要がある。
料金については、問い合わせてみないとはっきりした目安などは分からない状態となっている為、必ず確認する必要があるのだ。

いかに粗大ごみといえども、家電リサイクル法の対象となる物は、自治体では回収してくれない事になっている。
購入店やメーカーに引き取ってもらう事が前提となっており、その点も厳しめな対応となっている。

富山県富山市の粗大ごみの回収を他県と比べると

不用品回収東京の業者等と比べて富山市の粗大ごみの回収は、若干厳しい規定があるように思える。
サイズも小さめで、可燃か不燃かの分別も行わなければならない点、それ以外は個別有料収集を利用しなければならない点等を決められているのは、珍しいようにも感じられる。
急な引越しや大掃除で出た大量のごみを一括で処分したい場合等は、不用品として処分する事も検討するのが良いのかもしれない。

更新情報

ページ上に戻る